1. HOME
  2. ブログ
  3. 奉納したお松明を持って帰りました

奉納したお松明を持って帰りました

今年も東大寺二月堂修二会のお松明を奉納いたしました。

3月4日の初夜上堂で咒師さんの道明かりとして童子さんに担いでいただきました。このところずっとパソコンの片隅にニコニコ生放送の窓をあけて、二月堂を拝観しながら過ごしております。この日もコロナ感染症拡大防止の為、実際に拝見することは控え、ニコニコ生放送でその様子を拝見しておりました。

一晩、手向山八幡宮さまにお預かりいただきました松明をホテル尾花フロントスタッフと共に受け取りにあがりました。今年で三回目ですが、なぜかいつも受け取りに上がるときは雨模様。レインコートにタオルに軍手、準備も手馴れてまいりました。

 

手向山八幡宮の鳥居を抜け、大仏池の端を過ぎ、南大門の脇を通り抜けて歩きます。時節柄人通りも少なくてすいすい歩けます。奈良国立博物館をとおりすぎ、そして興福寺の境内へ。東大寺二月堂のお松明をかついで通り抜けるのがいつも気が引けるのですが、広々として大変安全なのです。お許しくださいませ。何より、こんな風に大きなお寺の敷地が続いていることが素晴らしいですよね。奈良に住むものとしては大変誇らしい気持ちになります。奈良公園は偉大です。

松明運びのクライマックスはこちらの五十二段です。横一列になって五十二段を一段ずつ丁寧に降りてまいりますとホテル尾花はもうすぐ。ロビーに飾らせていただきました。お松明の香りに満ちて、二月堂を近くに感じることができます。異例なことづくめの1270回目の修二会ですが、どうか皆様無事に健康で満行なさいますように。

 

関連記事

  • 関連記事はございません。